Findy Engineer Lab

次世代のエンジニアのキャリアを考える

わたしの選択

オープンソースは誰もがヒーローになれる平等な空間 ─ 小さくてもソースコードを公開することが「チャンス」

OSS(オープンソースソフトウェア)の開発を通して多くのエンジニアと知り合い、VimおよびびGo言語のコミュニティでの活動を通じてさまざまなチャンスを得てきたmattnさんによる寄稿です。

統計学に魂が震えた体験をもとに、何を選択できるようにしてきたか? データ活用職のキャリアプランを考える

データサイエンティストなどデータを活用する職種のキャリアプランについて、経済学部で学んだ統計学を生かしデータ活用のキャリアを開いてきたあんちべ(AntiBayesian)さんによる寄稿です。

継続的なアウトプットはなぜよいか? 著作も数多いエンジニアが語る、社外向け発表がチームまで成長させる話

長年に渡りたくさんの技術書籍の執筆にも携わってきた渋川よしきさんは、著作活動や外部のセミナーなどでの発表が、社内のチームの成長にも役立つことに気が付きました。スキルアップとブランディング、アウトプットとフィードバックの興味深い関係性につい…

マネジメントも「技術」のひとつ。技術志向だったエンジニアが、開発チームのディレクターに挑戦するわけ

キャリアの選択においても、ある程度の狙いを定め、それに向けて行動すると期待する結果につながりやすくなる。株式会社はてなMackerel開発チームのディレクター粕谷大輔(@daiksy)さんの寄稿です。

メルカリのテックリードが学んだ、HowよりWhyを重視することが大切なわけ

メルカリでプラットフォームチームの中島大一(@deeeet)さんがテックリードとして大切にしていることは何でしょう? HowよりWhyを中心に考える、といったお話をお聞きしました。

ITエンジニアから研究者へ。社会人博士として大学院にも再挑戦し、自分の「代表的プロダクト」を追求するわけ

Webのサービス事業者でSREとして活躍し、その延長として研究職に移り、さらに社会人博士に進学というキャリアのベースとなる「代表的プロダクト」という一貫した目標について、坪内佑樹(@yuuk1t)さんが語ります。

もう一つの海を目指して ─ Webエンジニアからクリエイティブ系にジョブチェンジして見えてきた世界

フロントエンドエンジニアの興味が高じて、学生時代から興味を持っていたデジタルインスタレーションなどクリエイティブ系に進んだ天城孝義(@amagitakayosi)さんに、エンジニアとしてのブランディングやキャリアの問題意識について寄稿してもらいました。

「スキルの掛け算」が未来を切り開く。文学部出身のひよこ大佐がレッドハットに転職できたわけ

文学部出身だったことからソフトウェアエンジニアを諦めていた、ひよこ大佐さん。グローバルなOSS企業にTwitter転職できた「スキルの掛け算」について書いていただきました。

Chatworkテックリードが“今”の自分に集中してきた理由。Scala×DDDに出会い、サービス改善に生かすまで

DDD(ドメイン駆動設計)やScala、Akkaといった技術を自分のものにすることで、どのようにキャリアを築いてきたかについて、Chatworkでテックリードを務める加藤潤一(かとじゅん、@j5ik2o)さんの執筆です。

仕事と育児の両立で挫折した私が、週4日勤務でエンジニアを続けるためにしたこと

エンジニアとして週4日勤務し、フリーランスとして週1日副業をする平愛美さんは、現在の働き方にたどり着くまで「仕事と育児の両立」に幾度となく挫折してきたといいます。試行錯誤を繰り返した平さんのこれまでの経緯について寄稿いただきました。

40歳を超えてエンジニアから異職種に挑戦。唯一無二を突き詰めて見出した、自分の価値

職業プログラマとしてコードを書く傍ら、YAPCやbuildersconといった技術コミュニティの大規模カンファレンスを主催してきた牧大輔(@lestrrat)さんに、イベント運営そのものを仕事とすることにした経緯や、唯一無二の「自分がやれること」について語っても…

突然のエンジニアリングマネージャー転身。イチ技術者がGMOペパボ・取締役CTOに就くまでに学んだこと

GMOペパボ株式会社で取締役CTOを務める栗林健太郎(あんちぽくん)さんは、エンジニアとして同社にジョインし、あるきっかけからエンジニアリングマネージャーに転身することになりました。その日々を乗り越えた経験や、そこから学んだことを執筆いただきま…

キャリアへの焦燥感を成長の糧に。新卒2年目で直面した不安を払拭するため、こにふぁーさんが試行錯誤してきたこと

ソフトウェアエンジニアとして働くことは、自身の成長や成果などさまざまな焦りと付き合っていくことでもあります。小西裕介(こにふぁー)さんが感じてきた焦燥感と、その解消、そして今の開発をどう楽しんでいるかを寄稿いただきました。

「成長できる環境に身を置く」ことが本当のスタート。就活に失敗したニートからCTOになったエンジニアの話

現在はNature株式会社で取締役CTOを務めるSongmuさんが、フラフラとニートをしたり、中国で起業して失敗したり、語学学校の便利屋をしたり、SIerで価値観を転換した話を語ります。

シリコンバレーから失意の帰国をした十年選手のITエンジニア、生き残るため大学院で情報科学を学ぶ

ITエンジニアとして10年以上のキャリアがありながら、米国での学歴社会を体験して帰国後、社会人大学院でコンピューターサイエンスを学ぶことにした白山文彦さんによる決意の理由とその背景です。

2つの会社で正社員として働き始めて見えてきた、自分らしい生き方

2つの会社で「正社員」として働くという、あまり聞き慣れない働き方を始めた谷本心さんに、その経緯と見えてきたものを執筆いただきました。